Difference between revisions of "LlGetDate/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
(New page: {{LSL_Function/ja |func_id=204|func_sleep=0.0|func_energy=10.0 |func=llGetDate|sort=GetDate|return_type=string |func_footnote=時間を"YYYY-MM-DDThh:mm:ss.ff..fZ"の形式で知りたい...)
 
m (カテゴリ変更)
Line 36: Line 36:
 
|permission
 
|permission
 
|negative_index
 
|negative_index
|cat1=Time
+
|cat1=Time/ja
 
|cat2
 
|cat2
 
|cat3
 
|cat3
 
|cat4
 
|cat4
 
}}
 
}}

Revision as of 07:14, 10 April 2010

要約

関数: string llGetDate( );

"YYYY-MM-DD"形式でのUTCタイムゾーンの現在の日付を string で返します。

時間を"YYYY-MM-DDThh:mm:ss.ff..fZ"の形式で知りたい場合はllGetTimestampを使います。

サンプル

<lsl> // Birthday surprise default {

   state_entry()
   {   
       llSetTimerEvent(0.1);
   }
   timer()
   {
       if(llGetDate() == "1987-02-15")
           llSetText("HAPPY BIRTHDAY!", <0,1,0>, 1.0);
       else
           llSetText("A surprise is comming...", <0,1,0>, 1.0);
        
       llSetTimerEvent(3600);  // check every hour. 
   }

}

</lsl>

関連項目

関数

•  llGetTimestamp 同じ形式ですが、時間を併せます。

記事

•  ISO 8601

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function string llGetDate();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。