LlSetObjectDesc/ja

From Second Life Wiki
< LlSetObjectDesc
Revision as of 17:03, 15 August 2008 by Asuka Neely (Talk | contribs)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

要約

関数: llSetObjectDesc( string desc );

プリムのdescriptionを設定します

• string desc

警告

  • オブジェクトのdescriptionは127byteに制限され、いくつかの文字列が長いと省略されるでしょう。
  • VWR-437によると、もしあなたが256byteより長いdescriptionを設定する場合、オブジェクトは長くはrez可能ではないでしょう。このフィールドをデータ補完に用いる場合は注意しましょう。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

<lsl>//store the owner's name in the prim description default {

   touch_start(integer total_number)
   {
       string temp;
       temp = llKey2Name(llGetOwner());
       llSetObjectDesc(temp);
   }
}</lsl>

関連項目

関数

•  llGetObjectDesc プリムのdescriptionを取得します。
•  llGetObjectName プリムの名前を取得します。
•  llSetObjectName プリムの名前を設定します。

記事

•  プリム要素のオーバーロード

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llSetObjectDesc( string desc );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。