LlGetObjectName/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: string llGetObjectName( );

スクリプトが添付されたプリムの名前を string で返します。

警告

  • プリムの名前は 63 バイトに制限され、それよりそれより長い文字列はカットされます。この切り捨て処理は属性が設定されたり読みだされたりすると毎回発生するものではありません。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

default
{
    state_entry()
    {
        llSay(PUBLIC_CHANNEL, llGetObjectName() );
    }
}

注意点

  • この関数は時々 "(Waiting)" と返すことがあります。

おそらく、関数は一定時間おきにアセットサーバに問い合わせ、一定時間経過した場合に "(Waiting)" を返します。 そして警告を出さずに次の処理に進みます。 このため回避策として、 llGetObjectName を呼び出した後、オブジェクトの名前が "(Waiting)" になっていないか確認したほうがよいでしょう。

関連項目

関数

•  llSetObjectName プリムの名前を設定します
•  llGetLinkName リンクされたプリムの名前を取得します
•  llGetObjectDesc プリムの説明を取得します
•  llSetObjectDesc プリムの説明を設定します
•  llGetObjectDetails

記事

•  各種制限 SL の制限と制約
•  Prim Attribute Overloading

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function string llGetObjectName();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。