LSL Write Once Debug Everywhere/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

なぜ至る場所でデバッグをするのか

LSLスクリプトは一度書くだけで色々場所で動かすことが出来ます。

従って、ほかの場所へLSLスクリプトをコピーできますが、起動に失敗するかコンパイルエラーを起こす可能性があります。

Linux、Mac OS X、そしてWindowsクライアントで、ブロードバンドインターネットにて接続したSecondLife.ComのLinden Labsにあるメイングリッドを含んだ場所で、LSLスクリプトを動かすことができます。オフラインの間にコンパイル、編集、テストなどの実行を繰り返して行うという目的などで、ほかのコンパイラやグリッドもまた、存在します。

この箇条書きした説明は あらゆる全ての場所でコンパイルエラーがない、及び動作可能なLSLスクリプトを製作可能にするためのものです。

机上作業

以下に述べる方法は、あなたのスクリプトを正確に動かすことができるようになるための活路です。

コンパイルタイムエラーメッセージに注意しよう

LSLEditorBugs一覧は、LSLコンパイラが、なぜスクリプトがほかの場所でコンパイルと起動するにもかかわらず、とある場所ではコンパイルに失敗させるのか教えてくれます。

LSL_Errors一覧は、とあるLSLコンパイラのレポート "エラー : 文法エラー" は 別のLSLコンパイラでは "エラー : バイトコード生成に失敗しました。 -- メモリ上に存在しません" と補足しているということを教えてくれます。一般的に、異なるLSLコンパイラでは性能も異なります。たとえば、2007、8年の、Windows SecondLifeクライアントが19の else-ifの連続をコンパイルし終えないうちに、Max OS X SecondLifeクライアントでは 692もの else-ifの連続をコンパイルすることができます。

違うクライアントに注意しよう

あなたの使用しているOS上を含んだ、SecondLife.com上以外でのLSLを動かせるLSL Alternate Editorsの説明一覧は、ころころかわります。

異なるOSで動かすことも視野にいれよう

他のOSでスクリプトをためすのは、おそらくあなたが思うより簡単か難しいかのどっちかです。

PCもしくはMacに異なるOSを入れて再起動させるための方法

  1. DVDもしくはCDを入れます。
  2. USBフラッシュディスクを差込みます。
  3. 内蔵ATAハードディスクのパーティションを再設定します。(混在させない)
  4. 外部FireWireハードディスクを増設します。

さまざまなBIOSの特殊な設定を、セットアップが出来るように各種変更します。

OSベンダーによって複製が制限されるのと同じような、変わったやり方です。たとえば、Microsoft Windowsではそうそう内蔵ATAハードディスクのパーティションを外部からうごかすことはできないでしょう。

Apple walksのhttp://www.apple.com/macosx/bootcamp/は内蔵ATAハードディスクに混在させること無く、パーティションの再設定まで通して行いますが、これはIntelベースのMacのみできることで、MotorolaベースのMac及びIntelベースのPCではできません。

http://www.parallels.com/ や http://www.vmware.com/のような企業は普段つかっているOSをWindows上で同時に動かすツールを販売しています。それらをWindows上で動かすと、Windowsの操作と混合させることなく異なった条件下でテストできるでしょう。

Linuxで動かす

Linuxの要求する技術と観察力は、SecondLifeを動かす上でとてもためになります。

現状において、Linux上でSecondLifeを速やかに動かすことために必要なOpenGL2.0を動かせない人に、その方法を教えるハウツー本をいままでみたことがないように、Linuxはあまりにも技術と注意力を要求しています。

Linux上でSecondLifeを動かそうとした結果は

  1. Linux CD-R Ubuntu Feisty 7.04 - ACPI vs. recent Apple hardware
  2. Linux CD-R Knoppix 2007-01-04 - "Window creation error"
  3. Linux DVD-R Knoppix 2007-01-04 - "Window creation error"

SecondLife用にLinux CD-R Knoppixをweb上で探していますが、MacのATI Radeon graphicsのサポートがない、NVIDIA graphicsを必要とするバージョンがたまに見つかるくらいです。

Mac OS Xにて動かす

Macを持っているなら、Mac OS Xを動かせます。

Macをもっていなければ、Mac OS Xを動かすことはできません。

Windowsで動かす

Windowsの要求する技術と観察力は、SecondLifeを動かす上で十分に役立つでしょう。

Windowsインストーラはインストール時に管理者権限を要求しません。C:\Program Files\SecondLife\"から、他のwindowsマシンの"%userProfile%\Downloads\"にドラッグして動かしても、管理者権限は要りません。

さらに...

環境別オフワールドエディタLSLEditorBugs を参照しましょう。