LlCeil/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: integer llCeil( float val );

無限大へ丸められた val の整数値 (>= val) を integer で返します。

• float val 何らかの有効な float 値

サンプル

default
{
   state_entry()
   {
       llSay(0,"The ceil value of -4.5 is: "+(string)llCeil(-4.5) );
       //"The ceil value of -4.5 is: -4" となります。
 
       llSay(0,"The ceil value of -4.9 is: "+(string)llCeil(-4.9) );
       //"The ceil value of -4.9 is: -4" となります。
 
       llSay(0,"The ceil value of -4.1 is: "+(string)llCeil(-4.1) );
       //"The ceil value of -4.1 is: -4" となります。
 
       llSay(0,"The ceil value of 4.5 is: "+(string)llCeil(4.5) );
       //"The ceil value of 4.5 is: 5" となります。
 
       llSay(0,"The ceil value of 4.9 is: "+(string)llCeil(4.9) );
       //"The ceil value of 4.9 is: 5" となります。
 
       llSay(0,"The ceil value of 4.1 is: "+(string)llCeil(4.1) );
       //"The ceil value of 4.1 is: 5" となります。
    }
}

関連項目

関数

•  llRound 一番近い整数値へ、float の値を四捨五入します。
•  llFloor 浮動小数点数を負の無限大へ丸め (切り捨て) て整数にします。

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function integer llCeil( float val );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。