LlCloud/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: float llCloud( vector offset );

プリム位置 での雲の密度 + offset を float で返します。

• vector offset

復帰値の範囲は [0.0, 2.0] です。 1.0 以上で雨が降ります。 offset の Z 座標は無視されます。

仕様

SL は セル・オートマトンに基づいた お天気 システムを採用しています。 地域 ごとに、 16x16 の雲の「セル」があります。

警告

  • Second Life クライアントで雨を描画するものは今のところありません。
  • クライアントはサーバから送信された雲アルゴリズムに基づいて雲を描画しようとします。このため、クライアントによって形の違う雲が現れたり、雲がそのうちサーバと同期しなくなったりします。クライアントが地域を読みこむと、雲の密度データがサーバからクライアントに送られます。これはテレポート時やログイン時などで、地域が視界に入ったときに起こることがあります。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

default
{
    touch_start(integer num)
    {
        llSay(0,"雲の密度:" + (string)llCloud(ZERO_VECTOR));
    }
}

注意点

雲と は相互に関連します。

クライアント

雲は常に 180 ~ 200 m の高さに描画されます。

アルゴリズム

発生/成長/消失アルゴリズムには、発散ゼロのベクトルである、ソレノイドベクトルを用いています: ∇ · v = 0

この条件式は v がベクトルポテンシャル A をもつ場合にはいつでも成り立ちます。 v = ∇ ⨯ A ならば ∇ · v = ∇ · (∇ ⨯ A) = 0 だからです。

関連項目

関数

•  llWind
•  llGetSunDirection

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function float llCloud( vector offset );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。