LlGetRootPosition/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: vector llGetRootPosition( );

スクリプトが添付されたプリムの親プリムの リージョン 位置を vector で返します。

サンプル

default{
  touch_start( integer vIntTouched ){
    string vStrMessage = "The prim with this script is ";
    if (llGetPos() != llGetRootPosition()){
      vStrMessage += "NOT ";
    }
    llSay( PUBLIC_CHANNEL, vStrMessage + "centered on the root prim." );
  }
}

便利なスニペット

//-- llSetLocalPos は存在しません。これは関数の中で
//-- 子プリムの llGetLocalPos() に対応するように足し算しています
fSetLocalPos( vector vPosOffset ){
  llSetPos( llGetRootPosition() + vPosOffset );
}
//-- これはルートプリムをオフセットの分だけ動かしたり、
//-- ルートプリムに対する子プリムの位置を設定したりします。

関連項目

関数

•  llGetLocalPos 子プリムの親プリムに対する相対的な位置を取得します
•  llGetPos プリムのグローバル位置を取得します
•  llSetPos プリムのグローバル位置を設定します

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function vector llGetRootPosition();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。