LlGetSPMaxMemory/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: integer llGetSPMaxMemory( );

llScriptProfilerの設定後に消費したメモリの最大使用量を integer で返します。

仕様

この関数の振る舞いは、スクリプトが使用しているVMに依存します。Monoは新しいVMで、LSOは古いVMです。MonoスクリプトはLSOスクリプトに比べて高速で、4倍のメモリを利用できる点が大きく違います。

Mono

llScriptProfilerによるプロファイリング設定後にllGetSPMaxMemoryを実行すると、プロファイリング中の最大メモリ使用量を返します。llGetUsedMemoryは、現時点のメモリ使用量を返します。

LSO

この関数はMonoでコンパイルされないと何ら影響を及ぼしません。いつも必ずLSOのメモリサイズである16384を返します。

サンプル

関連項目

関数

•  llGetFreeMemory
•  llGetUsedMemory

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function integer llGetSPMaxMemory();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。