LlGetWallclock/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llGetWallclock( );

太平洋時間 (PST/PDT) の深夜からの経過秒数を float で返します。秒単位で切り捨てます。

GMT は llGetGMTclock を使用します。

サンプル

// 現実世界の太陽
integer set;
 
default
{
    state_entry()
    {
        llSetTimerEvent(0.1);
        set = -1;
    }
 
    timer()
    {
        float time = llGetWallclock();
        if(set == -1)
            llSetTimerEvent(60.0);
        if(time < 21600)
        {
            if(set)
            {
                llSetText("The Sun is coming! :)", <1,1,0>, 1.0);
                set = 0;
            }
        }
        else if(time < 64800)
        {
            if(set != 1)
            {
                llSetText("Sun has risen. :(", <1,0,0>, 1.0);
                set = 1;
            }
        }
        else if(set != 2)
        {
            llSetText("Goodbye Sun. :(", <1,0,0>, 1.0);
            set = 2;
        }
    }
}

関連項目

関数

•  llGetGMTclock GMT 深夜からの秒数

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llGetWallclock();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。