LlListInsertList/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: list llListInsertList( list dest, list src, integer start );

dest の全ての要素を含むが、 srcstart に挿入されたリストを list で返します。

• list dest
• list src
• integer start

start には 負のインデックス を使用できます。

仕様

インデックス
先頭 0 -length
末尾 length - 1 -1

インデックス

  • 正のインデックスは先頭から数えます。先頭の要素は 0、末尾の要素は (length - 1) のインデックスを持ちます。
  • 負のインデックスは末尾から数えます。先頭の要素は -length、末尾の要素は -1 のインデックスを持ちます。

警告

  • start が正常なインデックス範囲を外れていても、スクリプトはエラー表示を出さずに処理を続けます。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

list numbers = [3, "three", 2, "two", 1, "one"];
default
{
    state_entry()
    {
        llOwnerSay(llDumpList2String(numbers, ","));
        // Object: 3,three,2,two,1,one
        integer index = llListFindList(numbers, [2]);
        if (index != -1)
        {
            numbers = llListInsertList(numbers, [2.5, "two and a half"], index);
            llOwnerSay(llDumpList2String(numbers, ","));
            // Object: 3,three,2.500000,two and a half,2,two,1,one
        }
    }
}

注意点

入力リストは変更されないことに注意してください。その代わりに、リストが新規作成されます。このため、(戻り値を直接操作するのでなければ) これを変数に格納しておくのが重要です。

ヒント: リスト変数を別のリスト変数の先頭に加える場合は、単純にそれらを連結すればすれば済みます。(新しい要素が入っているリストを先に)

<lsl> list oldList = ["B", "C", "D"]; list newItem = ["A"]; list newlist = newItem + oldList; </lsl>

関連項目

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function list llListInsertList( list dest, list src, integer start );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。