LlOwnerSay/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llOwnerSay( string msg );

もしオーナーが同じSIMにいる場合、オーナーにのみ msg を喋ります。

• string msg

警告

  • msg の長さが 1024 バイトよりも長い場合、 msg を1024 バイトに切り捨てます。
  • オブジェクトが存在するSIMから所有者が去って45秒以上経過すると、それ以降はエラーを出すことなく失敗します。
  • スクリプトが入っているオブジェクトがグループに寄贈されると、エラーを出すことなく失敗します。
  • いくつかのビュアーは、msgが空("")の場合、llOwnerSayテキストを表示しません。
  • 所有者(メッセージを見る人)にスワイライトパーティクルエフェクトを表示しますが、これらのエフェクトは他のアバターには見えません。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

default
{
    touch_start(integer total_number)
    {
        llOwnerSay("Ouch!" );
    }
}

関連項目

関数

•  llRegionSay リージョン範囲にチャットを送信します
•  llWhisper 10メートルを限度としてチャットを送信します
•  llSay 20メートルを限度としてチャットを送信します
•  llShout 100メートルを限度としてチャットを送信します
•  llRegionSay リージョン範囲にチャットを送信します
•  llRegionSayTo 指定されたオブジェクトまたはアバターに対して発言します
•  llInstantMessage

特記事項

Search JIRA for related Issues

テスト

• llOwnerSay Test

Signature

function void llOwnerSay( string msg );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。