Return/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

The correct title of this article is return/ja. The initial letter is shown capitalized due to technical restrictions.

return value;

return value;
• type value 関数による値もしくは変数が返され、関数によって返される型とあわせなければなりません。

値が一つだけ実行する前の範囲に返して使用されます。

関数

関数が終了すると、呼び出したポイントに戻ってスクリプトが継続します。

イベント

スクリプトがクラッシュします。イベントは値を返すことができません。 このキーワードの代わりに次の方法を使いましょう。

return;

関数やイベントが最後まで完了するよりも早くreturnを実行する場合に使われます。 イベントや関数を最後まで行う、とコンパイラによって見込ませたい場合は使うべきではありません。

関数

関数が終了すると、呼び出したポイントに戻ってスクリプトが継続します。

イベント

イベントが終了すると、イベントのキューから除去されます。もしほかのイベントキューが存在するなら、そのイベントが実行されます。

注意点

  • コンパイラにバグがあり、値とイベントを変えそうとする場合、ランタイムはスクリプトのクラッシュに遭遇するでしょう。

サンプル

integer Goodbye()
{
    llOwnerSay("Goodbye");
    return 0;
}

Hello()
{
    llOwnerSay("Hello");
    return;
}

参考情報

キーワード

•  jump
•  state