Voice Mentors: Getting Started with Voice/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

Voice Mentors Logo
  • Note: Please help by translating the remainder of this article — thank you!


Getting Started with Voice


声のたすく(日本語)

最初に始まるとき、あなたのマイクロフォンはいつもそうかもしれあなたの区域のどの音でも聞くべき皆のための放送です。

あなたの設定を変えなさい: プレフランスのパンルでは、声のための新しいタブ 3いつのじょうようなはしのとおりです: 声の雑談を可能にしなさい(選ぶ) 話す使用押し (選ぶ) トグルとして行為を話す押し (選らない)


セットアップすれば、聞かれる3つの方法がある:

Locked Talk Button and Master Volume
Push-to-Talk trigger
  • ダークグレーラインの取得ノートは分類した「制動機」を話すために押し話したいと思う時はいつでもその鍵を握りなさい(あなたのキーボードで)
  • あなたの意見の底の青い「話」ボタンがある。話す間、ことをあなたのマウスと保持しなさい
  • 話ボタンの左の部分は小さいロックアイコンであるハンズフリーあなたのmicを使用するためにそれをかちりと鳴らしなさい。あなたのmicを消すために再度かちりと鳴らしなさい。すべての試みでこの場所声を使用できなければ: http://www.testmyvoip.com


テストをそこに失敗すれば防火壁の制限のためにsecondlifeで現在声を使用できない。忍耐強いが、それ働かせているありなさい.

今微調整する少しは順序であるかもしれない あなたの頭部上の波を見なさい。正常な容積で話せばそれらはほとんどの場合緑にとどまるべきです。ほとんどの場合、それはそれらが赤を時々回せば良い。それはあなたの容積がそれらと申し分なくあればあなたのまわりで人々に尋ねるよい考えである。あなたのmic容積を調節するには余りにも騒々しくまたは静かなら必要がある.

私は窓のためのこれをするために方向だけを知っている。 1つはコントロールパネルに)行く 2)つのダブルクリックの音および可聴周波装置 3)かちりと言う音声タブ 4)かちりと言う音の容積稀に赤を見ないまでスライダーを調節しなさい

ありがとうございます★

これらの結局はあなたの好みであるデフォルトよりあなたのまわりで人々の感謝を表する。 感じはあなたの自国語にこのノートを翻訳するために!放す!


See also