Difference between revisions of "LlAsin/ja"

From Second Life Wiki
Jump to navigation Jump to search
(Create)
 
 
(3 intermediate revisions by one other user not shown)
Line 6: Line 6:
|sort=Asin
|sort=Asin
|return_type=float
|return_type=float
|p1_type=float
|p1_type=float|p1_name=val|p1_desc={{Interval|gte=-1.0|center=val|lte=1.0}} の範囲でなければいけません。{{Interval/Footnote}}
|p1_hover={{Interval/Text2|gte=-1.0|center=val|lte=1.0}} の範囲でなければいけません。
|p1_name=val
|p1_name=val
|p1_desc=[-1.0, 1.0] の範囲でなければいけません。(-1.0 <{{=}} '''val''' <{{=}} 1.0)
|return_text='''{{LSL Param|val}}''' ラジアンのアークサイン
|return_text='''val''' ラジアンのアークサイン
|func_footnote=戻り値は {{Interval|gte=-{{LSLG/ja|PI_BY_TWO}}|gteh=-PI_BY_TWO|center=val|lte=PI_BY_TWO}} の範囲にあります。
|func_footnote=戻り値は [-{{LSLG/ja|PI_BY_TWO}}, PI_BY_TWO] の範囲にあります。
|spec|caveats
|spec|caveats
|examples=<lsl>// このスクリプトが入ったオブジェクトを touch すると乱数のアークサインが表示されます。
|examples=<source lang="lsl2">// このスクリプトが入ったオブジェクトを touch すると乱数のアークサインが表示されます。
default
default
{
{
Line 20: Line 20:
         llOwnerSay((string)r + " のアークサインは " + (string)llAsin(r));
         llOwnerSay((string)r + " のアークサインは " + (string)llAsin(r));
     }
     }
}</lsl>
}</source>
|helpers|related
|helpers|related
|also_functions=
|also_functions=

Latest revision as of 14:27, 25 February 2016

要約

関数: float llAsin( float val );

val ラジアンのアークサインを float で返します。

• float val [-1.0, 1.0] の範囲でなければいけません。[1]

戻り値は [-PI_BY_TWO, PI_BY_TWO] の範囲にあります。

サンプル

// このスクリプトが入ったオブジェクトを touch すると乱数のアークサインが表示されます。
default
{
    touch_start(integer num)
    {
        float r = llFrand(2) - 1.0;
        llOwnerSay((string)r + " のアークサインは " + (string)llAsin(r));
    }
}

関連項目

関数

• llSin サイン
• llCos llAcos コサインとその逆関数
• llTan llAtan2 タンジェントとその逆関数

記事

•  "Wikipedia logo"三角関数

特記事項

Search JIRA for related Issues

脚注

  1. ^ 記事中の範囲は、 実数空間 に記載されているものです。

Signature

function float llAsin( float val );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。