Difference between revisions of "Category:LSL Controls/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m
m
 
Line 6: Line 6:
 
しかしながら、エージェントのカメラをエージェントのカメラの位置と回転のようにうまくコントロールすることができます。エージェントがマウスルックの状態の場合でもまた測定することが可能です。
 
しかしながら、エージェントのカメラをエージェントのカメラの位置と回転のようにうまくコントロールすることができます。エージェントがマウスルックの状態の場合でもまた測定することが可能です。
  
上記の幾つかを行なおうとする前に、スクリプトは[[llRequestPermissions/ja|llRequestPermissions]]にてエージェントから適切な権限を要求しなければなりません。
+
上記の幾つかを行なおうとする前に、スクリプトは{{LSLG/ja|llRequestPermissions}}にてエージェントから適切な権限を要求しなければなりません。
  
 
あいにくにも、LSLだけを用いてクライアントのポインタ位置を決定する方法はありません。
 
あいにくにも、LSLだけを用いてクライアントのポインタ位置を決定する方法はありません。
Line 12: Line 12:
 
使い方の例
 
使い方の例
  
[[llForceMouselook/ja|llForceMouselook]]で影響を加えたオブジェクトを準備して、それにアバタが座るときに[[mouselook|マウスルック]]を強制させます。
+
{{LSLG/ja|llForceMouselook}}で影響を加えたオブジェクトを準備して、それにアバタが座るときに[[mouselook|マウスルック]]を強制させます。
  
 
オブジェクトの回転と移動はアバターを動かすキーが元になります。
 
オブジェクトの回転と移動はアバターを動かすキーが元になります。
Line 20: Line 20:
 
関数
 
関数
  
     [[llTakeControls/ja|llTakeControls]]
+
     {{LSLG/ja|llTakeControls}}
     [[llSetCameraParams/ja|llSetCameraParams]]
+
     {{LSLG/ja|llSetCameraParams}}
     [[llClearCameraParams/ja|llClearCameraParams]]
+
     {{LSLG/ja|llClearCameraParams}}
     [[llReleaseControls/ja|llReleaseControls]]
+
     {{LSLG/ja|llReleaseControls}}
  
 
イベント
 
イベント
  
 
     [[control/ja|コントロール]]
 
     [[control/ja|コントロール]]

Latest revision as of 07:17, 14 December 2015

LSLの基本的なコントロールはカメラかオブジェクトのコントロールを参照します。アバターの入力したキー(移動キーとマウスクリック)を捕捉して、オブジェクトはこれらのキーを元にして幾つかの動きを演出することが可能ですが、LSLでエージェントの動作をコントロールすることはできないでしょう。

しかしながら、エージェントのカメラをエージェントのカメラの位置と回転のようにうまくコントロールすることができます。エージェントがマウスルックの状態の場合でもまた測定することが可能です。

上記の幾つかを行なおうとする前に、スクリプトはllRequestPermissionsにてエージェントから適切な権限を要求しなければなりません。

あいにくにも、LSLだけを用いてクライアントのポインタ位置を決定する方法はありません。

使い方の例

llForceMouselookで影響を加えたオブジェクトを準備して、それにアバタが座るときにマウスルックを強制させます。

オブジェクトの回転と移動はアバターを動かすキーが元になります。

アバタがオブジェクトをさがしている場合は確認します。

関数

   llTakeControls
   llSetCameraParams
   llClearCameraParams
   llReleaseControls

イベント

   コントロール