Control/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

説明

! イベント: control( key id, integer level, integer edge ){ ; }

llTakeControls ライブラリ関数の呼び出しとユーザの入力の結果、発生します。

• key id
• integer level CONTROL_* フラグのビットフィールド。 1 個以上のキーが押し下げられている間は、ゼロ以外になります。
• integer edge CONTROL_* フラグのビットフィールド。1 個以上のキーが押された/離された場合、ゼロ以外になります。
定数 説明
CONTROL_FWD 0x00000001 前進 (W)
CONTROL_BACK 0x00000002 後進 (S)
CONTROL_LEFT 0x00000004 左移動 (⇧ Shift-⇧ Shift-A [マウスルックならば A])
CONTROL_RIGHT 0x00000008 右移動 (⇧ Shift-⇧ Shift-D [マウスルックならば D])
CONTROL_ROT_LEFT 0x00000100 左回転 (A)
CONTROL_ROT_RIGHT 0x00000200 右回転 (D)
CONTROL_UP 0x00000010 上昇 (PgUpE)
CONTROL_DOWN 0x00000020 下降 (PgDnC)
CONTROL_LBUTTON 0x10000000 マウス左クリック
CONTROL_ML_LBUTTON 0x40000000 マウスルック中のマウス左クリック

サンプル

default
{
    state_entry()
    {
        llRequestPermissions(llGetOwner(), PERMISSION_TAKE_CONTROLS);
    }
    run_time_permissions(integer perm)
    {
        if(PERMISSION_TAKE_CONTROLS & perm)
        {
            llTakeControls(
                            CONTROL_FWD |
                            CONTROL_BACK |
                            CONTROL_LEFT |
                            CONTROL_RIGHT |
                            CONTROL_ROT_LEFT |
                            CONTROL_ROT_RIGHT |
                            CONTROL_UP |
                            CONTROL_DOWN |
                            CONTROL_LBUTTON |
                            CONTROL_ML_LBUTTON |
                            0, TRUE, TRUE);
                            // | 0 は編集上の都合で、
                            // マスクを変更することはありません。
        }
    }
    control(key id, integer level, integer edge)
    {
        integer start = level & edge;
        integer end = ~level & edge;
        integer held = level & ~edge;
        integer untouched = ~(level | edge);
        llOwnerSay(llList2CSV([level, edge, start, end, held, untouched]));
    }
}

注意点

マウスルック でアタッチメントの llGetRot を行うと、アバターの見ている方向が返ります。

llMinEventDelay で設定された遅延が、このイベントの遅延の少なくとも 2 倍であると、このイベントは llMinEventDelay の設定をその半分であるかのように扱います。言い換えると、 llMinEventDelay が 0.1 以上に設定された場合、このイベントは他のイベントに比べて 2 倍の頻度で発生する可能性があります。

1 つのプリムに 2 つのスクリプトを入れて llTakeControls() を呼び出したときの処理にバグがあり、意図した id が返ってこない場合があります。SVC-3187 を参照してください。

参考情報

イベント

•  run_time_permissions

関数

•  llTakeControls
•  llReleaseControls
•  llRequestPermissions

特記事項

議論

   llTakeControls overrides existing controls
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。