Difference between revisions of "DEBUG CHANNEL/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m
 
(3 intermediate revisions by one other user not shown)
Line 1: Line 1:
<onlyinclude>{{#vardefine:DEBUG_CHANNEL|{{LSL Const/ja|DEBUG_CHANNEL|integer|hex=0x7FFFFFFF|c=スクリプトでバッグとエラーメッセージを受け取るチャットチャンネル}}}}</onlyinclude>{{LSL Constant/ja
+
<onlyinclude>{{#vardefine:DEBUG_CHANNEL|{{LSL Const/ja|DEBUG_CHANNEL|integer|hex=0x7FFFFFFF|ihex=2147483647|c=スクリプトのデバッグメッセージとエラーメッセージを受け取るチャットチャネル}}}}</onlyinclude>{{LSL Constant/ja
|name=DEBUG_CHANNEL
+
|name={{#var:cname}}
|type=integer
+
|type={{#var:type}}
|value={{LSL Hex|0x7FFFFFFF}}
+
|value={{#var:value}}
|desc=チャットチャンネルはスクリプトからのデバッグとエラーメッセージを受け取ります。クライアントはスクリプトコンソール内でこれらを表示するでしょう。
+
|desc=スクリプトのデバッグメッセージとエラーメッセージを受け取るチャットチャネルです。クライアントは、このチャネルでチャットされた内容をスクリプトコンソールに表示します。
 
|examples
 
|examples
|comment=チャットチャンネルはスクリプトからのデバッグとエラーメッセージを受け取ります。
+
|comment={{#var:comment}}
 
|constants=
 
|constants=
 
{{LSL ConstRow/ja|PUBLIC_CHANNEL}}
 
{{LSL ConstRow/ja|PUBLIC_CHANNEL}}
 
|functions=
 
|functions=
{{LSL DefineRow||[[llWhisper/ja|llWhisper]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llWhisper}}|}}
{{LSL DefineRow||[[llSay/ja|llSay]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llSay}}|}}
{{LSL DefineRow||[[llShout/ja|llShout]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llShout}}|}}
{{LSL DefineRow||[[llRegionSay/ja|llRegionSay]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llRegionSay}}|}}
{{LSL DefineRow||[[llDialog/ja|llDialog]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llDialog}}|}}
{{LSL DefineRow||[[llListen/ja|llListen]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llListen}}|}}
 
|events=
 
|events=
{{LSL DefineRow||[[listen/ja|listen]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|listen}}|}}
 
|helpers=
 
|helpers=
 
<lsl>key owner;
 
<lsl>key owner;
  
default{//little link_message debugging script
+
default{//ちょっとした link_message のデバッグスクリプト
 
     link_message(integer a, integer b, string c, key d){
 
     link_message(integer a, integer b, string c, key d){
 
         llSay(DEBUG_CHANNEL, llList2CSV([a,b,c,d]));
 
         llSay(DEBUG_CHANNEL, llList2CSV([a,b,c,d]));
Line 31: Line 31:
 
}</lsl>
 
}</lsl>
 
|location=
 
|location=
'linden\indra\llcommon\indra_constants.h'のCHAT_CHANNEL_DEBUG (S32_MAXの値)
+
'linden\indra\llcommon\indra_constants.h' で CHAT_CHANNEL_DEBUG として定義されています (値は S32_MAX となっています)
 
|cat1=Chat
 
|cat1=Chat
 
|cat2
 
|cat2

Latest revision as of 23:31, 16 May 2012

解説

定数: integer DEBUG_CHANNEL = 0x7FFFFFFF;

integer 定数 DEBUG_CHANNEL の値は 0x7FFFFFFF です。

スクリプトのデバッグメッセージとエラーメッセージを受け取るチャットチャネルです。クライアントは、このチャネルでチャットされた内容をスクリプトコンソールに表示します。

関連記事

定数

•  PUBLIC_CHANNEL

関数

•  llWhisper
•  llSay
•  llShout
•  llRegionSay
•  llDialog
•  llListen

イベント

•  listen

Useful Snippets

<lsl>key owner;

default{//ちょっとした link_message のデバッグスクリプト

   link_message(integer a, integer b, string c, key d){
       llSay(DEBUG_CHANNEL, llList2CSV([a,b,c,d]));
       if(llGetOwner() != owner)
           llSetScriptState(llGetScriptName(), FALSE);
   }
   state_entry(){
       owner = llGetOwner();
   }

}</lsl>

特記事項

全ての記事

JIRA で関連記事を検索

情報源

'linden\indra\llcommon\indra_constants.h' で CHAT_CHANNEL_DEBUG として定義されています (値は S32_MAX となっています)

この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)