Difference between revisions of "Integer/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m
m (Integers)
Line 4: Line 4:
  
 
=Integers=
 
=Integers=
integerデータ型は−2,147,483,648 〜 +2,147,483,647 (16進数で0x00000000 〜 0xFFFFFFFF)の範囲の符号付きの32ビットの値. integer型は整数の数値. 小数点をが必要な場合は, {{LSLG|float}}を参照.
+
integerデータ型は−2,147,483,648 〜 +2,147,483,647 (16進数で0x00000000 〜 0xFFFFFFFF)の範囲の符号付きの32ビットの値. integer型は整数の数値. 小数点をが必要な場合は, [[float/ja|float]]を参照.
  
 
DEBUG_CHANNELはinteger型の最大値の定数として使用することができる.
 
DEBUG_CHANNELはinteger型の最大値の定数として使用することができる.
Line 17: Line 17:
 
</pre>
 
</pre>
  
次のものはinteger型では扱えない. これらの数値を扱うためには{{LSLG|float}}を参照:
+
次のものはinteger型では扱えない. これらの数値を扱うためには[[float/ja|float]]を参照:
 
<pre>
 
<pre>
 
integer firstInt = 125.2; //integer型は小数点を含むことはできない.
 
integer firstInt = 125.2; //integer型は小数点を含むことはできない.
 
integer secondInt = 10000000000; //integer型は2,147,483,647より大きな数値を扱うことはできない.
 
integer secondInt = 10000000000; //integer型は2,147,483,647より大きな数値を扱うことはできない.
 
</pre>
 
</pre>

Revision as of 02:10, 4 December 2007

Integers

integerデータ型は−2,147,483,648 〜 +2,147,483,647 (16進数で0x00000000 〜 0xFFFFFFFF)の範囲の符号付きの32ビットの値. integer型は整数の数値. 小数点をが必要な場合は, floatを参照.

DEBUG_CHANNELはinteger型の最大値の定数として使用することができる.

次のものはすべてinteger型として扱うことができる:

integer firstInt = 5512623;
integer secondInt = ACTIVE;
integer thridInt = 0x61EC1A;
integer fourthInt = -160693;

次のものはinteger型では扱えない. これらの数値を扱うためにはfloatを参照:

integer firstInt = 125.2; //integer型は小数点を含むことはできない.
integer secondInt = 10000000000; //integer型は2,147,483,647より大きな数値を扱うことはできない.