Difference between revisions of "LlAcos/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m
 
Line 8: Line 8:
 
|spec
 
|spec
 
|caveats
 
|caveats
|examples=<lsl>// このスクリプトが入ったオブジェクトを touch すると乱数のアークコサインが表示されます。
+
|examples=<source lang="lsl2">// このスクリプトが入ったオブジェクトを touch すると乱数のアークコサインが表示されます。
 
default
 
default
 
{
 
{
Line 16: Line 16:
 
         llOwnerSay((string)r + " のアークコサインは " + (string)llAcos(r));
 
         llOwnerSay((string)r + " のアークコサインは " + (string)llAcos(r));
 
     }
 
     }
}</lsl>
+
}</source>
 
|helpers|related
 
|helpers|related
 
|also_functions=
 
|also_functions=

Latest revision as of 10:57, 21 February 2016

Summary

Function: float llAcos( float val );

Returns a float val ラジアンのアークコサイン

• float val [-1.0, 1.0] の範囲でなければいけません。(-1.0 <= val <= 1.0)

戻り値は [0, PI] の範囲にあります。

Examples

// このスクリプトが入ったオブジェクトを touch すると乱数のアークコサインが表示されます。
default
{
    touch_start(integer num)
    {
        float r = llFrand(2) - 1.0;
        llOwnerSay((string)r + " のアークコサインは " + (string)llAcos(r));
    }
}

See Also

Functions

• llSin llAsin サインとその逆関数
• llCos コサイン
• llTan llAtan2 タンジェントとその逆関数

Articles

•  Wikipedia:三角関数

Deep Notes

Search JIRA for related Issues

Signature

function float llAcos( float val );