LlMD5String/ja

From Second Life Wiki
< LlMD5String
Revision as of 14:36, 25 February 2016 by SakuraNoel Fayray (Talk | contribs)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

Emblem-important-red.png 警告 セキュリティ

MD5 ハッシュアルゴリズムは衝突 (2 つの入力の結果が同じハッシュとなる) が起きやすいので、使用すべきではありません。 http://www.kb.cert.org/vuls/id/836068

要約

関数: string llMD5String( string src, integer nonce );

":"+nonce を Salt とした srcMD5 チェックサムである 32 文字の 16 進数文字列を string で返します。

• string src
• integer nonce

仕様

nonce は string 型に変換された上で src の末尾にコロンと共に追加されます (src+":"+(string)nonce) 。他の言語でハッシュを計算し、LSL で計算したそれと比較したい場合には、この点に留意してください。

LSL の文字列は UTF-8 形式で処理されます。

サンプル

llSay(0, llMD5String("Hello, Avatar!", 0)); // 112abd47ceaae1c05a826828650434a6 を返します。

Linux Example

$ echo -n 'Hello, Avatar!:0' | openssl md5
112abd47ceaae1c05a826828650434a6

関連項目

関数

•  llSHA1String

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function string llMD5String( string src, integer nonce );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。