LlVecDist/ja

From Second Life Wiki
< LlVecDist
Revision as of 06:47, 12 April 2009 by MasterOf Perl (Talk | contribs)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

要約

関数: float llVecDist( vector vec_a, vector vec_b );

llVecMag(vec_a - vec_b) によって計算される、ベクトル方向を考慮しない正の値である、vec_avec_b 間の距離を float で返します。

• vector vec_a 何らかの有効なベクトル
• vector vec_b 何らかの有効なベクトル

サンプル

<lsl> default {

   state_entry()
   {
       vector input_1 = <1.0,2.0,3.0>;
       vector input_2 = <3.0,2.0,1.0>;
       llOwnerSay((string) input_1 + " と " + (string) input_2 + 
                  " の間の距離は "+(string)llVecDist(input_1, input_2) );
   }

}

</lsl>

関連項目

関数

•  llVecMag
•  llVecNorm

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function float llVecDist( vector vec_a, vector vec_b );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。