Difference between revisions of "LlWhisper/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m
m (カテゴリ変更)
Line 33: Line 33:
 
|also
 
|also
 
|notes
 
|notes
|cat1=Communications
+
|cat1=Communications/ja
|cat2=Chat
+
|cat2=Chat/ja
 
|cat3
 
|cat3
 
|cat4
 
|cat4
 
}}
 
}}

Revision as of 05:26, 10 April 2010

要約

関数: llWhisper( integer channel, string msg );

channelで渡されたチャンネル上で、msgで渡されたテキストを囁きます。

• integer channel
• string msg
チャネル定数 説明
DEBUG_CHANNEL 0x7FFFFFFF スクリプトのデバッグメッセージとエラーメッセージを受け取るチャットチャネル
PUBLIC_CHANNEL 0x0 近くのユーザ全員にブロードキャストされるチャットチャネル

警告

  • テキストは1024byteを最大値とします。
  • 囁きは発しているオブジェクトの10メートル内でのみ聞き取ることができます。
  • プリム自身は聞き取ることはできませんが、再帰問題を回避するためです
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

<lsl>default {

   state_entry()
   {
       llWhisper(0,"This is an incredibly useless program." );
   }

}</lsl>

オブジェクトが回りにスパムになるのを避けるために、llOwnerSayかllInstantMessageを使いましょう。

関連項目

イベント

•  listen

関数

•  llListen
•  llOwnerSay
•  llRegionSay リージョン範囲でチャットを送信します
•  llSay 20メートルを限度としてチャットを送信します
•  llShout 100メートルを限度としてチャットを送信します
•  llInstantMessage

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llWhisper( integer channel, string msg );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。