DATA RATING/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

最後の節、改行が適当か要確認。


解説

定数: integer DATA_RATING = 4;

integer 定数 DATA_RATING の値は 4 です。

llRequestAgentData で使用して、 "0, 0, 0, 0, 0, 0" という文字列を取得します。
この CSV リストはアバターが得た肯定的/否定的評価ポイントを含んでいましたが、評価システムは廃止されました。

関連記事

定数

DATA_ONLINE 1 (integer) boolean 要求されたエージェントがオンラインの場合
DATA_NAME 2 string 要求されたエージェント名
DATA_BORN 3 string YYYY-MM-DD の ISO 8601 フォーマットで文字列にした、アカウント作成 (誕生) 日
DATA_RATING 4 llCSV2List() 廃止: [0, 0, 0, 0, 0, 0]を返します。
[pos_behavior, neg_behavior, pos_appearance, neg_appearance, pos_building, neg_building] を返すために使用します。
DATA_PAYINFO 8 (integer) mask フラグ 説明
PAYMENT_INFO_ON_FILE 0x1 支払い情報登録済みの場合。
PAYMENT_INFO_USED 0x2 支払い情報使用済みの場合。

関数

•  llRequestAgentData

イベント

•  dataserver

特記事項

経緯

  • 本来は以下の値を返しました:
    • "pos_behavior, neg_behavior, pos_appearance, neg_appearance, pos_building, neg_building"
  • 否定的評価は後に廃止されました。その結果、以下の値を返すようになりました:
    • "pos_behavior, 0, pos_appearance, 0, pos_building, 0"
  • さらに後、評価システムは完全に廃止されました。その結果、以下の値を返すようになりました:
    • "0, 0, 0, 0, 0, 0"

全ての記事

JIRA で関連記事を検索

この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)