LlEuler2Rot/ja - Second Life Wiki

LlEuler2Rot/ja

From Second Life Wiki

Second Life Wiki > LlEuler2Rot/ja
Jump to: navigation, search

Contents

要約

関数: rotation llEuler2Rot( vector v );

オイラー角 v を rotation で返します。

• vector v

仕様

オイラー角ベクトル (単位はラジアン) は Z, Y, X の順に 3 つの軸のまわりを回転し、回転に変換されます。このため、llEuler2Rot(<1.0, 2.0, 3.0> * DEG_TO_RAD) は回転を生成するのに、X 軸のポインティング・ベクトルをとり、最初にグローバルの Z 軸まわりに 3° 回転させ、次にできたベクトルを Y 軸まわりに 2° 回転させ、最後に X 軸まわりに 1° 回転させます。

サンプル

default
{
    state_entry()
    {
        vector input = <73.0, -63.0, 20.0> * DEG_TO_RAD;
        rotation rot = llEuler2Rot(input);
        llSay(0,"The Euler2Rot of "+(string)input+" is: "+(string)rot );
    }
}

注意点

v/=2;
rotation k = <0.0, 0.0, llSin(v.z), llCos(v.z)> * <0.0, llSin(v.y), 0.0, llCos(v.y)> * <llSin(v.x), 0.0, 0.0, llCos(v.x)>;

関連項目

関数

•  llRot2Euler

記事

•  Wikipedia:オイラー角

特記事項

Search JIRA for related Issues

この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。