LlGetTime/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llGetTime( );

スクリプトが最初に開始してから、もしくは一番最近リセットされてから、もしくはllResetTime または llGetAndResetTime が呼び出されてからの、秒単位でのスクリプト時間を sub-second 精度の float で返します。

仕様

スクリプト時間は標準時間に準じ、時間拡張の影響を受けません。例えば、llResetTime を別々の SIM にある 2 個のオブジェクトで同時に呼び出し、その後 llGetTime を同時に呼び出すと、これらの値は時間拡張の差によらず同じとなります。

警告

  • スクリプト時間がリセットされるのは以下のケースです。
  • スクリプト時間は現実時間を基準にしており、時間拡張の影響は受けません。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

default {
    state_entry()
    {
        llResetTime();
    }
    touch_start(integer num_touch)
    {
        float time = llGetTime(); //取得し、時間をリセットする代わりに、llGetAndReset() で同じことができます。
        llResetTime();
        llSay(0,(string)time + " seconds have elapsed since the last touch." );
    }
}

注意点

スクリプト時間はスクリプトが動作状態になっている間の現実時間の経過時間です。時間拡張に影響を受けませんが、スクリプトが停止している間や、(アタッチメントの場合) ユーザがオフラインの場合、オブジェクトが rez されておらずインベントリの中にある間などは時間を計測しません。

関連項目

特記事項

All Issues

~ Search JIRA for related Issues
   llGetTime doesn't reset on admin requested sim restart

Signature

function void llGetTime();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。