LlRot2Left/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: vector llRot2Left( rotation q );

ローカル Y 軸地球 に対する方向を計算します。

q で定義される左ベクトル、言い換えれば、ローカルの正の Y 方向を指す単位ベクトルを vector で返します。

• rotation q

プリムのローカル横断面の方向を知るのに便利です。Y 軸は常にこのローカル横断面に対して垂直ですので。

仕様

計算上同じ結果となります:

ret = llVecNorm(<0., 1., 0.> * q);

q が単位ベクトルであるとわかっているなら、シンプルにできます:

ret = <0., 1., 0.> * q;

サンプル

関連項目

関数

•  llRot2Up
•  llRot2Fwd
•  llRot2Axis
•  llRot2Angle

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function vector llRot2Left( rotation q );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。