LlRot2Angle/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: float llRot2Angle( rotation rot );

rot で表される回転角度を float で返します。

• rotation rot

llRot2Axis とあわせて使います。
元に戻すには llAxisAngle2Rot を使います。

警告

これは常に ≦ PI ラジアンの正の角度を返します。PI は、符号なしの最小角度です。3/2 PI ラジアン (270°) の回転は、PI / 2 ラジアンの角度を返し、-PI /2 の角度ではありません。

All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

関連項目

関数

•  llAxisAngle2Rot
•  llRot2Axis
•  llRot2Up
•  llRot2Fwd
•  llRot2Left
•  llAngleBetween 機能的には同じ。

特記事項

float Rot2Angle(rotation a)
{
    return llAcos(llFabs(a.s) / llSqrt(a.x * a.x + a.y * a.y + a.z * a.z + a.s * a.s)) * 2.0;
}

Search JIRA for related Issues

Signature

function float llRot2Angle( rotation rot );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。