LlSetSitText/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llSetSitText( string text );

右クリックメニューの「ここに座る」というデフォルトの文字の代わりに、 text を表示します。

• string text

警告

  • text' は関数を呼び出したスクリプトがルートプリムにある場合にのみ表示されます。text が子プリムにあるスクリプトで設定された場合、text はリンクが解除された後か、ルートとして再リンクされた後にはじめて表示されます。子プリムまたはルートプリムのどちらかが単独プリムとして選択され、右クリックされたとき、表示される text はルートスクリプトが text を設定してあったとしてもデフォルトのものになります。もっと単純に書くと、右クリックで表示される text プロパティは常にルートのものとなりますが、個別編集で右クリックをしたときは例外で、常に Second Life のデフォルト表示になります。
  • パーティクルや他のテキスト設定系関数と同じように、 llSetSitText で設定された text はプリムのプロパティとなり、スクリプトのプロパティとはなりません。このため、 text はスクリプトが停止しても削除されても残ります。
  • 表示される text の字体やサイズ、色を制御することはできません。
  • text は9バイト(英数9文字)が限界です。

Important Issues

~ All Issues ~ Search JIRA for related Bugs
   llSetSitText does not apply for child prims, only the main prims sit text gets displayed

サンプル

使い方

default
{
    state_entry()
    {
        llSetSitText("Be Seated");
    }
}

Sit Text を削除する

「ここに座る」項目自体を表示しなくする方法はありません。スペースを 1 個設定すると、テキストは表示されなくなります。

そこに設定したカスタムテキストを削除するには、"" のように空文字をテキストに設定します。

default
{
    state_entry()
    {
        llSetSitText("");
    }
}
上のようにすると、「ここに座る」テキストが回復するようになります。

関連項目

関数

•  llSitTarget
•  llSetTouchText

特記事項

All Issues

~ Search JIRA for related Issues
   llSetSitText does not apply for child prims, only the main prims sit text gets displayed

Signature

function void llSetSitText( string text );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。