Template:LSL Function/detected/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
#var value
header_footnote

none には 負のインデックス を使用できません。

constants_nb
also_articles
•  検出
p_none_desc 探知情報の番号
p_none_hover 探知情報の番号
spec llDetected* 関数はどこでも使用可能ですが、探知イベント (collision, collision_start, collision_end, sensor, touch, touch_start, touch_end) の中、または探知イベントで呼ばれた関数の中で呼び出されたときのみ使用可能な値を返します。
caveats
  • none が正常なインデックス範囲を外れていても、スクリプトはエラー表示を出さずに処理を続けます。
  • llDetected* 関数が有効になるイベントは、常に少なくとも 1 個以上の探知結果を返します。
    • 何も探知されなかった場合、探知イベントは発生しません。[1]
    • 探知イベントの探知個数を表す引数は、最初は決して 1 未満にはなりません。[2]