When and how to file an Abuse Report/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

サービス利用規約(TOS)、コミュニティ規範(CSまたはビッグ6)、ウェルカム・エリア・ガイドラインなどに反する行為を見かけたなら、迷惑行為の報告をしてください。

とはいえ、そこにはグレー・ゾーンが存在します。どんなものが嫌がらせ的発言で、どんなものはそうではないのか?あるいはハラスメントにあたるのか?MatureかPGかの見方によっても区別がかわるでしょう。あなたにとって、これはおかしいと感じたなら通報してください。そう思わなければ通報しないでください。違反行為を受けた人が通報しそうでない人は通報しなければ、カスタマー・サービスがその事件の重要度を判断する助けになるでしょう。

どうすべきかわからない場合は、まず通報しましょう。とりあえず問題なさそうであれば誰も通報しようとしません。誰か通報できる人がそれに出くわさない限りカスタマー・サービスに伝わらないということも起きうるでしょう。グレー・ゾーンの問題については警告以上の処罰がされることはないでしょう。結局のところ、あなたが確信を持てないような内容であれば、その通報された相手も同じような状況かもしれません。ですが彼らはおそらく以前にも警告されたことがあるでしょう。。。

どうすればよいか

  1. カテゴリーを選びます。もしよくわからなければMISCを選びます。
    • 対象がオブジェクトの場合は、カテゴリー欄の上にある青いボタンを使います。可能であればオブジェクトを左クリックします。そうするとオブジェクトの詳細(その場所と持ち主)が通報内容に含まれます。
  2. 概要をできるだけ簡潔かつ明確に記述します。違反者の名前も含めてください。
    • 以下のように明確にしてください。
      • アバターBobは繰り返し罵詈雑言をし暴力行為、ヌードでうろついていた
      • アバターSueは非戦闘地域で武器を発砲した
    • 上記の例は下記の書き方よりよりよいです。
      • アバターBobはバカだ
  3. 詳細欄には、担当チームが事件を精査するのに関連がありそうだとあなたが思うことを何でも書いてください。
  4. 目で見てわかるようなことであれば、「INCLUDE SCREENSHOT(スクリーンショットを含める)」のチェックボックスを使ってください。スクリーンショットには迷惑行為の画面を開いたときにあなたのアバターが見ていたものが入ります。
  5. 全部終わったら、青い光っている「REPORT ABUSE(迷惑行為を通報する)」ボタンを押します。

注意点

  • 押されまくったりスクリプトで投げられたりした場合には何かに座りましょう。あわてずに落ち着いて、地面や何かオブジェクトに座ります。ダメージが有効に設定されている土地でない限り誰もあなたを傷つけることはできません。相手にしなければ大抵の違反者はすぐに飽きてどこかに行ってしまうことでしょう。muteを使うのも良い手です。
  • 戦闘可・ダメージありの土地にいる場合、撃たれるのは迷惑行為ではありません。画面上部にあるヘルプメニューの隣に赤いハートマークが表示されていたら、そこは正規の戦闘エリアです。これはつまり武器の発砲が許可されているという意味です。このマークがでていない場所で武器を使うのは許されていません。
  • 複数の事柄が発生した場合は複数の通報をあげてください。あなたが直接遭遇して目撃した事柄以外も通報することができます。すべての住人の方々がこの方法に気がつくわけでもないですし、また、トラブルに巻き込まれている最中に思い出せないかもしれません。仲の良い住人の方を助けてあげてください。とはいえ複数の人から通報がくると、1人のひとからくるだけよりも、それだけこの事件の影響が大きいと担当チームは考えるでしょう。もし 20人の人が影響を受けたのであれば 1人ではなく 20人がすべて通報をするべきです。
  • もし(迷惑行為をした)相手がフレンドリストに入っている、または彼らのコール・カードを持っているなら消してしまってもよいでしょう。そうすればあなたがどこかに行こうとしたときに追跡される可能性を減らすことができます。

リエゾン対応

カスタマー・サービスはどんなレベルの対応を(迷惑行為に対して)取るべきか吟味します。イン・ワールドで見かけるであろうリンデン達は、どんな種類の迷惑行為に関してもあなたの手助けをすることはできません。

未成年の利用者

18歳以下だと思われる相手がいた場合、関連するチャット記録を含めて通報をしてください。

以下の項目も参照してください