Difference between revisions of "LlGetRegionTimeDilation/ja"

From Second Life Wiki
Jump to navigation Jump to search
m
m (s/時間の遅れ/時間拡張/g)
Line 2: Line 2:
|func_id=227|func_sleep=0.0|func_energy=10.0
|func_id=227|func_sleep=0.0|func_energy=10.0
|func=llGetRegionTimeDilation
|func=llGetRegionTimeDilation
|func_desc=現在の時間の遅れを float で返します。値の範囲は [0.0, 1.0], 0.0 (完全に遅れている) and 1.0 (遅れなし)
|func_desc=現在の時間拡張を float で返します。値の範囲は [0.0, 1.0], 0.0 (完全に遅れている) and 1.0 (遅れなし)
|func_footnote=スクリプト時間から現実時間に変換するときの歩合として使用されます。
|func_footnote=スクリプト時間から現実時間に変換するときの歩合として使用されます。
|spec=時間の遅れはサーバがシミュレータのラグを処理するために使用する手法です。物理オブジェクトやスクリプトによって生成されたラグが時間の遅れとなります。時間の遅れはスクリプト時間と実行時間を遅らせます。時間の遅れがゼロの場合、スクリプトの処理は中断します。
|spec=時間拡張はサーバがシミュレータのラグを処理するために使用する手法です。物理オブジェクトやスクリプトによって生成されたラグが時間拡張となります。時間拡張はスクリプト時間と実行時間を遅らせます。時間拡張がゼロの場合、スクリプトの処理は中断します。


影響するもの:
影響するもの:

Revision as of 04:11, 4 May 2010

要約

関数: llGetRegionTimeDilation( );

現在の時間拡張を float で返します。値の範囲は [0.0, 1.0], 0.0 (完全に遅れている) and 1.0 (遅れなし)

スクリプト時間から現実時間に変換するときの歩合として使用されます。

仕様

時間拡張はサーバがシミュレータのラグを処理するために使用する手法です。物理オブジェクトやスクリプトによって生成されたラグが時間拡張となります。時間拡張はスクリプト時間と実行時間を遅らせます。時間拡張がゼロの場合、スクリプトの処理は中断します。

影響するもの:

サンプル

<lsl> // 地域情報スクリプトのはしりです string region; string sim;

default {

   state_entry()
   {
       llSetTimerEvent(1.0);
   }
   timer()
   {
       string here = llGetRegionName();
       if(region != here)
       {
           sim = llGetSimulatorHostname();
           region = here;
       }
       llSetText(
               "   REGION NAME : " + region + 
             "\n  SIM HOSTNAME : " + sim + 
             "\n TIME DILATION : " + (string)llGetRegionTimeDilation() +
             "\n    REGION FPS : " + (string)llGetRegionFPS(),
           <0,1,0>, 1.0);
   }

}

</lsl>

関連項目

関数

•  llGetRegionFPS
•  llGetTime
•  llGetAndResetTime

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llGetRegionTimeDilation();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。