LlRequestAgentData/ja

From Second Life Wiki
< LlRequestAgentData
Revision as of 06:04, 25 February 2016 by SakuraNoel Fayray (Talk | contribs)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

要約

関数: key llRequestAgentData( key id, integer data );

id のエージェントに関する データ をリクエストします。 data が取得可能なら、 dataserver イベントが発生します。
dataserver イベントが発生した際、それを識別するために使われるキーを key で返します。

• key id アバターの UUID
• integer data DATA_* フラグ
data 定数 Type 説明
DATA_ONLINE 1 (integer) boolean 要求されたエージェントがオンラインの場合
DATA_NAME 2 string 要求されたエージェント名
DATA_BORN 3 string YYYY-MM-DD の ISO 8601 フォーマットで文字列にした、アカウント作成 (誕生) 日
DATA_RATING 4 llCSV2List() 廃止: [0, 0, 0, 0, 0, 0]を返します。
[pos_behavior, neg_behavior, pos_appearance, neg_appearance, pos_building, neg_building] を返すために使用します。
DATA_PAYINFO 8 (integer) mask フラグ 説明
PAYMENT_INFO_ON_FILE 0x1 支払い情報登録済みの場合。
PAYMENT_INFO_USED 0x2 支払い情報使用済みの場合。

警告

  • この関数は 0.1 秒間、スクリプトを停止します。
  • ビューアでアバター名を調べたいだけなら、dataserver イベントを使わず、次の文字列を表示させるのが手っ取り早いでしょう:
    llSay(0, "secondlife:///app/agent/" + (string)id + "/about");
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

key owner_key;
key owner_name_query;
string owner_name;
 
default
{
    state_entry()
    {
        owner_key = llGetOwner();
        owner_name_query = llRequestAgentData(owner_key, DATA_NAME);
    }
    dataserver(key queryid, string data)
    {
        if ( owner_name_query == queryid )
        {
            owner_name = data;
            llSay(0, "The owner of this script is called : " + owner_name );
        }
    }
}//Anylyn Hax 06:19, 23 July 2007 (PDT)

関連項目

イベント

•  dataserver

関数

•  llGetAgentInfo

特記事項

All Issues

~ Search JIRA for related Issues
   llRequestAgentKey() (llName2Key())

Signature

function key llRequestAgentData( key id, integer data );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。