LlInstantMessage/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llInstantMessage( key user, string message );

key で指定されたユーザに指定の message をインスタント メッセージで送信します。

• key user アバターの UUID
• string message

警告

  • この関数は 2.0 秒間、スクリプトを停止します。
    • アプリケーションとしてこれが問題になるならば、子スクリプトに llInstantMessage の呼び出しを記述し、llMessageLinked を通じて、その子スクリプトへデータを渡すという手法が使えます。
  • message は 1024 バイトを超えると切り捨てられます。
  • message はチャットウィンドウに表示され、インスタントメッセージのログ機能では記録されません。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

誰かがオブジェクトにタッチしたことをオーナーに伝えます。

// このサンプルはデモンストレーションだけのためにあります。
// オーナーが同じ地域にいると分かっている場合は、同じ機能を llOwnerSay() で実装しましょう。
 
key owner;
 
default
{
    on_rez(integer start_param)
    {
        owner=llGetOwner();  // オブジェクトのオーナーのキーを取得します
    }
    touch_start(integer total_num)
    {        
        llInstantMessage(owner,llKey2Name(owner)+", " + (string)total_num +" Avatar(s) touched me!");
    }
}

オブジェクトをタッチしたアバターに、他のアバターにスパムしないようにして、確認メッセージを送信します。

default
{
    touch_start(integer total_num)
    {        
        llInstantMessage(llDetectedKey(0),"You have been registered!");
    }
}

注意点

インスタントメッセージは、グリッドのどこかのオブジェクトからアバターへのコミュニケーションを可能にするメリットがあります。マイナス面は、オブジェクトはインスタントメッセージを受信できず、そのため、アバターはインスタントメッセージをオブジェクトに送信することはできないということです。一方通行のコミュニケーション手段です。また、2 秒のスクリプト遅延があることは、アプリケーションによってはマイナスととらえられることもあります。

関連項目

関数

•  llOwnerSay
•  llRegionSay リージョン一帯にチャットを送信します
•  llWhisper 10 メートルを限度としてチャットを送信します
•  llSay 20 メートルを限度としてチャットを送信します
•  llShout 100 メートルを限度としてチャットを送信します

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llInstantMessage( key user, string message );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。