ビッグ6

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

これは公式サイトに掲載されたコミュニティスタンダードから複製され、独自に管理されています。(現時点で) 原文と同じ内容になっているとは限りません。何にせよ重要な目的でコミュニティスタンダードを参照する必要があるならば、原文 http://secondlife.com/corporate/cs.php および公式訳 http://secondlife.com/corporate/cs.php?lang=ja-JP を参照してください。

コミュニティ・スタンダード(Big6あるいはビッグ6)

Community Standards 日本語翻訳

不寛容 不寛容との闘いはSecond Lifeのコミュニティの規格の基礎となります。 中傷、個人を軽視またはそういった目的のグループを抑制しないとSecond Lifeのコミュニティを減少させてしまいます。軽蔑的な言葉や屈辱的な言葉や画像を住民は、人種、民族、性別、宗教、性的指向に関連する使用においてSecond Life内では許可されません。

いやがらせ 数多くのSecond Lifeの機能を考えると、嫌がらせは多種多様です。 不快な振る舞い、威嚇や脅迫、歓迎されない性的な誘いや性的な接待の要求等がいやがらせにあたります。

襲撃 Second Life内でほとんどの地域は安全地帯として識別されます。 Second Life内での襲撃は、銃撃、または住民へのつきまとい。そして、一時的にまたは永続的に自らの攻撃的欲求を満たすことを目的として住民を対象にしたスクリプトオブジェクトを使用することです。

開示 住民には自分のSecond Lifeを健全なプライバシーレベルで体験する権利があります。プロフィールのファーストライフのページで提供されている以上の情報としての性別、宗教、年齢、婚姻状況、出世、性的嗜好、現実世界の個人情報を無断で共有することは違反となり、住民のプライバシーは守られなくてはなりません。同意の無いリモート監視、会話のログ、または共有の会話ログを送信することは、すべてのSecond Life内で禁止されています。

大人の地域、グループ、および検索結果 Second Lifeは成人向けコミュニティですがアダルトコンテンツ、活動、コミュニケーション、Second Lifeのメインランド(Mature,PG)では許可されていません。Zindraの様なプライベート領域、またはアダルトコンテンツ向け大陸のZindra上で許可されます。 どちらの場合でもアダルトコンテンツに関しては 大人の成熟度の定義の元で成人としてアカウントを認証しなければなりません。どのようにイベント、グループの土地を指定する方法の詳細については、分類のリストと成熟度の定義を慎重にお読み下さい。

治安の妨害 すべての住民は権利として自分のSecond Lifeを過ごします。望まない広告の反復的伝送。反復的な音の使用。イベントの妨害。自己増殖型アイテム、またはその他のオブジェクトを繰り返すもの音の使用は、意図的にサーバ性能に悪影響を起こす、もしくは他の住民の活動を阻害することが治安の妨害の例です。