Difference between revisions of "Category:LSL Key/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m
m
Line 9: Line 9:
 
<pre>"a822ff2b-ff02-461d-b45d-dcd10a2de0c2"</pre>
 
<pre>"a822ff2b-ff02-461d-b45d-dcd10a2de0c2"</pre>
  
{{LSLGC|Conditional/ja|条件式}}に引数として渡された時、有効なkeyであり[[NULL_KEY]]ではないことをtrueとして評価するのみです。任意の文字列が有効なkeyかどうかを以下の方法で検出することができます。
+
{{LSLGC/ja|Conditional|条件式}}に引数として渡された時、有効なkeyであり[[NULL_KEY/ja|NULL_KEY]]ではないことをtrueとして評価するのみです。任意の文字列が有効なkeyかどうかを以下の方法で検出することができます。
  
<pre>
+
<lsl>
 
integer isKey(key in) {
 
integer isKey(key in) {
 
     if(in) return 2;
 
     if(in) return 2;
 
     return (in == NULL_KEY);
 
     return (in == NULL_KEY);
}</pre>
+
}</lsl>

Revision as of 23:58, 20 February 2008

keyは、Second Life内でほとんどすべての、プリム、アバター、テクスチャなどの(しばしばUUIDとして言及される)固有の識別子です。

keyそのものは16進数の文字(a-fと0-9)から構成され、keyの各セクションは-(ハイフン)によって連結して表記されます。

keyの例:

"a822ff2b-ff02-461d-b45d-dcd10a2de0c2"

条件式に引数として渡された時、有効なkeyでありNULL_KEYではないことをtrueとして評価するのみです。任意の文字列が有効なkeyかどうかを以下の方法で検出することができます。

<lsl> integer isKey(key in) {

   if(in) return 2;
   return (in == NULL_KEY);

}</lsl>