TEXTURE PLYWOOD/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

解説

定数: string TEXTURE_PLYWOOD = "89556747-24cb-43ed-920b-47caed15465f";

string 定数 TEXTURE_PLYWOOD の値は "89556747-24cb-43ed-920b-47caed15465f" です。

デフォルトの「 Plywood 」テクスチャの UUID

定数: string TEXTURE_DEFAULT = "89556747-24cb-43ed-920b-47caed15465f";

文字列定数 TEXTURE_DEFAULT は "89556747-24cb-43ed-920b-47caed15465f" という値ももちます。

TEXTURE_PLYWOOD と全く同じように使用できます。

関連記事

注意事項

4 文字以上の文字列定数をコードの複数の箇所で使っているのであれば、それらをグローバル定数に格納すべきです。かなりのメモリ節約になります。これについての詳細説明とサンプルは LSL Constants vs Globals にあります。
TEXTURE_DEFAULT と TEXTURE_PLYWOOD は同じ値を共有しているので、置き換え可能です。

特記事項

経緯

全ての記事

~ JIRA で関連記事を検索
   TEXTURE_DEFAULT は良くない定数名です!
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)