LlSetTexture/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llSetTexture( string texture, integer face );

プリムの facetexture を設定します。

• string texture プリムの インベントリ の中にあるtextureまたは UUID
• integer face 番号もしくは ALL_SIDES

faceALL_SIDES であれば関数は全ての面に作用します。

警告

  • この関数は 0.2 秒間、スクリプトを停止します。
  • face が存在しない面を指している場合、関数はエラーを出さずに復帰します。
  • texture がプリムの中で見つからない場合、かつこれが UUID でない場合、またはこれがtextureでない場合、エラーが DEBUG_CHANNEL 上で叫ばれます。
  • textureUUID である場合、オブジェクト自体に新たな アセット権限 が発生するようなことはありません。
    • アセットをプリムのインベントリの中に置いた場合、これまで発生していた使用制限は新しいオブジェクトで新たに作成されません。
  • 検査 ではテクスチャの情報は (クリエーター のようには) 表示されません
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

default
{
    state_entry()
    {
        string texture = llGetInventoryName(INVENTORY_TEXTURE, 0);
        llSetTexture(texture, ALL_SIDES);
    }
}

関連項目

特記事項

All Issues

~ Search JIRA for related Issues
   CHANGED_TEXTURE is not triggered when texture is changed via script

Signature

function void llSetTexture( string texture, integer face );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。