LlGetInventoryCreator/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: key llGetInventoryCreator( string item );

インベントリ item のクリエーター名を key で返します。

• string item プリムの インベントリ の中にあるアイテム

警告

  • item がプリムの中で見つからない場合、エラーが DEBUG_CHANNEL 上で叫ばれます。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

プリムのインベントリにオブジェクトを追加し、このスクリプトも同じように追加すると、クリエーターの名前を取得できます。

default{
    state_entry(){
        llRequestAgentData(llGetInventoryCreator(llGetInventoryName( INVENTORY_OBJECT, 0)),DATA_NAME);
    }
 
    dataserver(key qid, string data){
        llOwnerSay(data);
    }
}

関連項目

関数

•  llGetInventoryName インベントリアイテムの名前を返します
•  llGetInventoryType インベントリアイテムが存在するか確認し、そのタイプを返します
•  llGetInventoryNumber インベントリの特定のタイプのアイテムの数を返します
•  llGetInventoryPermMask インベントリアイテムの権限を返します
•  llGetInventoryKey (フルパーミッションの場合) インベントリアイテムの UUID を返します

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function key llGetInventoryCreator( string item );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。