LlGetInventoryNumber/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: integer llGetInventoryNumber( integer type );

プリムのインベントリの中の、指定された type のアイテム数を integer で返します。

• integer type INVENTORY_*フラグ
フラグ インベントリタイプ
INVENTORY_NONE -1 アイテムは存在しません。
INVENTORY_ALL 全てのインベントリタイプ
INVENTORY_TEXTURE 0 テクスチャ
INVENTORY_SOUND 1 サウンド
INVENTORY_LANDMARK 3 ランドマーク
INVENTORY_CLOTHING 5
フラグ インベントリタイプ
INVENTORY_OBJECT 6 オブジェクト
INVENTORY_NOTECARD 7 ノートカード
INVENTORY_SCRIPT 10 スクリプト
INVENTORY_BODYPART 13 体のパーツ
INVENTORY_ANIMATION 20 アニメーション
INVENTORY_GESTURE 21 ジェスチャー

サンプル

<lsl>// アイテムカウンター // By Apollia Pirandello // 9/19/2007 // // パブリックドメインです。商用利用を含め、使用・改変自由です。 // // プリムの中にこのスクリプトを入れるとすぐに、 // llOwnerSay でプリムの中にあるアイテムの数を通知します。 // スクリプト自身がカウントされないように、マイナス 1 します。 // // プリムがタッチされた場合はいつでも同様の処理を行います。 //**********SCRIPT BEGINS BELOW**********

//****VARIABLE

integer items_contained;

//****END OF VARIABLE SECTION //****FUNCTIONS****

CountItems() {

 items_contained = llGetInventoryNumber( INVENTORY_ALL );
 --items_contained; //INVENTORY_ALL フラグを使っているので、スクリプト自身がカウントされないようにマイナス 1 します。

}

SayCount() {

 llOwnerSay( "This prim contains " + (string)items_contained + " items." );

}

//****END OF FUNCTIONS**** //****DEFAULT STATE****

default {

 state_entry()
 {
   CountItems();
   SayCount();
 }
 touch_start(integer total_number)
 {
   CountItems();
   SayCount();
 }  

}</lsl> <lsl>objects = llGetInventoryNumber(INVENTORY_OBJECT);</lsl> <lsl>// インベントリ統計 By Zep Palen. // これは llGetInventoryNumber の別の使い方で、フローティングテキストで統計を表示します。 // このスクリプトが動作するためには、showlist と excludelist をスクリプトの入っているアイテムの「説明」に追加しないといけません。 // この説明フィールドには次のように入れます: [showlist];[Excludelist] // 例: 0,1,3,5,6,7,10,13,20,21;3,7,10 // この例では、全てのタイプが表示されますが、3, 7, 10 は合計に入りません。どの番号がどのタイプに該当するかは、このページのリストをご覧ください。 // ----------------- // このスクリプトの利用と改変は自由です - Zep Palen // --------------------------

list inv_types = [0, 1, 3, 5, 6, 7, 10, 13, 20, 21]; list inv_names = ["Textures", "Sounds", "Landmarks", "Clothings", "Objects", "Notecards", "Scripts", "Bodyparts", "Animations", "Gestures"];

processCountInventory() {

   list objDesc = llParseString2List(llGetObjectDesc(), [";"], []);
   list showList = llParseString2List(llList2String(objDesc, 0), [","], []);
   list excludeFromCount = llParseString2List(llList2String(objDesc, 1), [","], []);
           
   string counted = "ITEM COUNTER";
   integer i = ~llGetListLength(showList);
   while (++i)
   {
       integer showItem = (integer)llList2String(showList, i);
       integer sIndex = llListFindList(inv_types, [showItem]);
       if (~sIndex)
           counted += "\n" + llList2String(inv_names, sIndex) + ": " + (string)llGetInventoryNumber(showItem);
   }
   integer totalCount = llGetInventoryNumber(INVENTORY_ALL);
   for (i = ~llGetListLength(excludeFromCount); ++i;)
   {
       integer exclItem = (integer)llList2String(excludeFromCount, i);
       integer cIndex = llListFindList(inv_types, [(string)exclItem]);
       if (~cIndex)
           totalCount = totalCount - llGetInventoryNumber(exclItem);
   }
   
   counted += "\n \n" + "Total: " + (string)totalCount;
   llSetText(counted, <1,1,0>, 1);

}

default {

   state_entry()
   {
       processCountInventory();
   }
   
   changed(integer change)
   {
       if (change & CHANGED_INVENTORY)
       {
           processCountInventory();
       }
   }
}</lsl>

関連項目

関数

•  llGetInventoryName インベントリアイテムの名前を返します
•  llGetInventoryType インベントリアイテムが存在するか検査し、あればそのタイプを返します
•  llGetInventoryCreator インベントリアイテムのクリエーターを返します
•  llGetInventoryPermMask インベントリアイテムの権限を返します
•  llGetInventoryKey インベントリアイテムの UUID を返します (フルパーミッションの場合)

特記事項

Search JIRA for related Issues

テスト

•  llGiveInventory_All_Test

Signature

function integer llGetInventoryNumber( integer type );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。