LlGetInventoryName/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llGetInventoryName( integer type, integer number );

typenumber 番目のインベントリアイテムの名前を string で返します。指定されたタイプのアイテムがプリムのインベントリに見つからない場合 (もしくはそのタイプのアイテムが number と同じか、より少ない場合) 空文字列を返します。

• integer type INVENTORY_*フラグ
• integer number 0 から始まる

number には 負のインデックス を使用できません。 インベントリアイテムはアルファベット順に並び替えられます (古い順ではありません) 。

フラグ インベントリタイプ
INVENTORY_NONE -1 アイテムは存在しません。
INVENTORY_ALL 全てのインベントリタイプ
INVENTORY_TEXTURE 0 テクスチャ
INVENTORY_SOUND 1 サウンド
INVENTORY_LANDMARK 3 ランドマーク
INVENTORY_CLOTHING 5
フラグ インベントリタイプ
INVENTORY_OBJECT 6 オブジェクト
INVENTORY_NOTECARD 7 ノートカード
INVENTORY_SCRIPT 10 スクリプト
INVENTORY_BODYPART 13 体のパーツ
INVENTORY_ANIMATION 20 アニメーション
INVENTORY_GESTURE 21 ジェスチャー

警告

  • number が正常なインデックス範囲を外れていても、スクリプトはエラー表示を出さずに処理を続けます。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

Box Unpacker
// script created by SpiritWolf Chikuwa
// minor changes by Strife Onizuka to speed things up
//
// /!\ パブリックドメイン/!\
// Copy/Mod/Trans できます
// このスクリプトを転売したり、フルパーミッションで渡したりしないようお願いいたします
// このヘッダを取らないでください
//
// Minor changes: (insert your name here and delete this comment if you do any mod of this script, thank you)
//
// Script start here:
 
list    gInventoryList;
 
list getInventoryList()
{
    list       result = [];
    integer    n = llGetInventoryNumber(INVENTORY_ALL);
 
    while(n)
        result = llGetInventoryName(INVENTORY_ALL, --n) + result;
 
    return result;
}
 
default
{
    state_entry()
    {
        gInventoryList = getInventoryList();
    }
 
    touch_start( integer n )
    {
        integer i = 0;
        string folder = llGetObjectName();
 
        while(i < n)
        {
            llGiveInventoryList(llDetectedKey(i), folder, gInventoryList );
            ++i;
        }
    }
 
    changed( integer change )
    {
       if ( change == CHANGED_INVENTORY )
           gInventoryList = getInventoryList();
    }
}
 
// llGetInventory の番号や名前は箱の中の全てのオブジェクトをスキャンします。
// llGiveInventory はコンテンツをあなたに与えます。
// llGetInventory と llGiveInventory を LSL Wiki で見て、詳細を確認してください。

関連項目

関数

•  llGetInventoryNumber インベントリの中の特定のタイプのアイテムの数を返します
•  llGetInventoryType インベントリアイテムが存在するか検査し、あればそのタイプを返します
•  llGetInventoryCreator インベントリアイテムのクリエーターを返します
•  llGetInventoryPermMask インベントリアイテムの権限を返します
•  llGetInventoryKey インベントリアイテムの UUID を返します (フルパーミッションの場合)

特記事項

Search JIRA for related Issues

テスト

•  llGiveInventory_All_Test

Signature

function void llGetInventoryName( integer type, integer number );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。