LlGetUsername/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: string llGetUsername( key id );

id で指定されたアバターの一意でないユーザ名(Username)を string で返します。

• key id 同一 地域 にいる、または地域が知っているアバターの UUID

id には、アバターのキーを正しい形式で指定しなければなりません。 アバターは SIM に存在するか、スクリプトが動作している SIM に知られている必要があります。条件に合わない場合は空の文字列が返ります。この関数はアバターが SIM の子エージェントである場合(例:隣接した SIM にいるが、スクリプトが置かれている SIM を見ることのできる状態)、SIM を離れて(具体的には、クライアントが当該 SIM または先の条件で隣接した SIM との接続を完全に切ってから)間もない場合にも正しいユーザ名を返します。

警告

  • 「アバターがいなければならない」制約を回避するには、llRequestUsername 関数と dataserver を組み合わせて、キーからアバターのユーザ名を取得します。
  • 反対の処理を行う関数 (llUsername2Key) はありません。Name2Key サービスについては llKey2Name を参照してください。
  • 地域がユーザ名を取得できない状況にある場合、"" が返ります。これは地域でユーザ名が使えるようになっていても発生することがあります。特に、指定されたキーが初めてチェックされた場合に起こります。アバターの存在を確認するのにこの関数をあてにしないでください。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

// Best viewed in Chat History (ctrl-h)
default
{
    collision_start(integer a)//Announce who collided
    {
        llSay(0, "llGetDisplayName: " + llGetDisplayName(llDetectedKey(0)) +
               "\nllGetUsername: " + llGetUsername(llDetectedKey(0)));
    }
    touch_start(integer a)
    {
        llSay(0,"llGetDisplayName: " + llGetDisplayName(llDetectedKey(0)) +
               "\nllGetUsername: " + llGetUsername(llDetectedKey(0)));
    }
}

関連項目

関数

•  llGetDisplayName
•  llRequestUsername dataserver を使ってアバターの情報を取得します

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function string llGetUsername( key id );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。