LlRequestUsername/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: key llRequestUsername( key id );

id で指定されたエージェントのユーザ名をリクエストします。ユーザ名が取得できれば、dataserver イベントが発生します。id で指定されるエージェントは、同じ地域にいる必要も、リクエスト時点でオンラインである必要もありません。
dataserver イベントが発生したときに識別子となるものを key で返します。

• key id アバターの UUID

警告

  • ビューアでアバター名が知りたいだけなら、dataserver イベントを使わず、次の文字列を表示させるのが手っ取り早いでしょう:
    llSay(0, "secondlife:///app/agent/" + (string)id + "/about");
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

key owner_key;
key owner_name_query;
string owner_username;
 
default
{
    state_entry()
    {
        owner_key = llGetOwner();
        owner_name_query = llRequestUsername(owner_key);
    }
    dataserver(key queryid, string data)
    {
        if ( owner_name_query == queryid )
        {
            owner_username = data;
            llSay(0, "このスクリプトのオーナーのユーザ名 : " + owner_username );
        }
    }
}

関連項目

イベント

•  dataserver

関数

•  llGetUsername

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function key llRequestUsername( key id );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。