LlLookAt/ja

From Second Life Wiki
< LlLookAt
Revision as of 22:46, 18 April 2008 by Asuka Neely (Talk | contribs)

Jump to: navigation, search

要約

関数: llLookAt( vector target, float strength, float damping );

オブジェクトの軸(zの正)を、targetの方向に向ける要因です。

llStopLookAtが呼ばれるまで、targetを向き続けます。

オブジェクトが物理ではない場合、設定はフォースが0より上になるにちがいない場合を除いて、幾つかの効果を持つようには見えません。物理オブジェクトでは、力は粘土のあるような何かになっているように見えますが、回転する力ではなく、それゆえ素早く回転を起こすのは劣っています。減衰値はなんとも素早く回転を湿っぽく操作します。低値は力に弾力性を持たせるのに比例して、しばしばターゲットを打ち上げ、高い値にゆっくりとなります。強度値と減衰値はオブジェクトの質量と無関係に持っているように見えます。

• vector target
• float strength
• float damping 臨界減衰までにかける秒数

同じやり方で位置を変えるにはllMoveToTargetを使用します。

警告

これは物理オブジェクトがターゲットに向かって打ち上げるのを保障するものではありません。オブジェクトの形状次第で、強度値と減衰地は、最終位置に到着される前に減衰が回転を止める場合、異なる方向の異なる回転方向に沈殿するでしょう。

オブジェクトが物理で非対称な場合、オブジェクトは精度の低い最終回転を決めるのと同じように、根源的状態から流れるように打ちあがる、反跳効果を引き起こすでしょう。

All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

関連項目

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llLookAt( vector target, float strength, float damping );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。