Difference between revisions of "Template:LSL Function/inventory/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m
Line 1: Line 1:
 
<includeonly>{{#if:
 
<includeonly>{{#if:
{{:DEBUG_CHANNEL}}
+
{{:DEBUG_CHANNEL|DEBUG_CHANNEL/ja}}
  
 
{{#vardefine:p_{{{1|none}}}_desc|{{AAn|{{#if:{{{insert|}}}|{{{insert}}}|{{#if:{{{type|}}}|プリムのインベントリにある{{{type}}}|item}}}}}}{{#ifeq:{{{uuid|}}}{{{UUID|}}}|true|あるいは{{HoverLink|UUID|Universally Unique IDentifier}}}}}}
 
{{#vardefine:p_{{{1|none}}}_desc|{{AAn|{{#if:{{{insert|}}}|{{{insert}}}|{{#if:{{{type|}}}|プリムのインベントリにある{{{type}}}|item}}}}}}{{#ifeq:{{{uuid|}}}{{{UUID|}}}|true|あるいは{{HoverLink|UUID|Universally Unique IDentifier}}}}}}
Line 15: Line 15:
 
}}</includeonly><noinclude>
 
}}</includeonly><noinclude>
 
{{Multi-lang}}
 
{{Multi-lang}}
{{UpdateLink}}
+
{{UpdateLink/ja}}
  
 
{| {{Prettytable}} {{#vardefine:caveats}}
 
{| {{Prettytable}} {{#vardefine:caveats}}
|+<code><nowiki>{{{{FULLPAGENAMEE}}|ta|type=音源|uuid=true}}</nowiki></code>{{{{FULLPAGENAMEE}}|ta|type=音源|uuid=true}}
+
|+<code><nowiki>{{{{FULLPAGENAME}}|ta|type=音源|uuid=true}}</nowiki></code>{{{{FULLPAGENAME}}|ta|type=音源|uuid=true}}
 
|-{{Hl2}}
 
|-{{Hl2}}
 
! 変数
 
! 変数
Line 31: Line 31:
  
 
{| {{Prettytable}} {{#vardefine:caveats}}
 
{| {{Prettytable}} {{#vardefine:caveats}}
|+<code><nowiki>{{{{FULLPAGENAMEE}}|ta|type=sound|uuid=false}}</nowiki></code>{{{{FULLPAGENAMEE}}|ta|type=音源|uuid=false}}
+
|+<code><nowiki>{{{{FULLPAGENAME}}|ta|type=sound|uuid=false}}</nowiki></code>{{{{FULLPAGENAME}}|ta|type=音源|uuid=false}}
 
|-{{Hl2}}
 
|-{{Hl2}}
 
! 変数
 
! 変数

Revision as of 23:42, 26 September 2009

変更を反映させた後、このリンクをクリックすると、表示されます。
{{{{FULLPAGENAME}}|ta|type=音源|uuid=true}}
変数
caveats
  • ta がプリムの中で見つからない場合、かつこれが UUID でない場合、またはこれが音源でない場合、エラーが DEBUG_CHANNEL 上で叫ばれます。
  • taUUID である場合、オブジェクト自体に新たな アセット権限 が発生するようなことはありません。
    • アセットをプリムのインベントリの中に置いた場合、これまで発生していた使用制限は新しいオブジェクトで新たに作成されません。
p_ta_desc プリムの インベントリ の中にある音源または UUID
p_ta_hover プリムのインベントリの中にある音源または UUID
{{{{FULLPAGENAME}}|ta|type=sound|uuid=false}}
変数
caveats
  • ta がプリムの中で見つからない場合、またはこれが音源でない場合、エラーが DEBUG_CHANNEL 上で叫ばれます。
p_ta_desc プリムの インベントリ の中にある音源プリムの インベントリ の中にある音源または UUID
p_ta_hover プリムのインベントリの中にある音源プリムのインベントリの中にある音源または UUID