LSL Portal Guidelines/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

このページはLSLWikiポータルついての詳細な編集と投稿のガイドラインを定義して説明するものです。

LSL Portal について

使命

"Second Life のスクリプト言語、LSL についての正確なドキュメントを提供すること"

ゴール

"あらゆるスキルレベルのスクリプターの足しになるドキュメントを提供すること"

ガイド

スタイル

  1. LSL Category Style - LSL関数のグループやその他の見出しをカテゴリ分けするために用いられます。
  2. LSL Function Style - 全てのLSL関数の完全な仕様記述のために用いられます。
  3. LSL Topic Style - LSLの使用に関する興味深いトピック(XML-RPC, 四元数などなど)のために用いられます。
  4. LSL Constants Style - 定数の文書化に用いられます。


ガイドライン

  • LSL ポータルまたはカテゴリページに専ら属するページには、先頭に 'LSL ' をつけなければなりません。
  • 上記以外の LSL について記述されているページで、頭に LSL がついているものは、他の合意がない限り先頭の LSL は削除されなければなりません。
  • 疑問は talk/discussion ページに投稿され、署名されなければなりません (コメントに署名するには、-- ~~~~ を使うこと)。
  • wikiに機能の提案を投稿するまえに、まずJiraに提案されていないか参照して確認しましょう。
  • スクリプトを投稿するときには、完全なスクリプトの場合、エラーなくコンパイルできなければならず、完全に機能する、またはそうでなければ注釈を入れなければなりません。コード断片はスクリプトに入れたらコンパイルできるような状態でなければなりません (コード断片の内部にエラーがあってはなりません)。
  • 投稿されるスクリプトはスクリプトを通して一貫したスタイルでなければなりません。空白の一貫性は重要です。
  • 最近の Web ブラウザには、外付けまたは内臓でスペルチェッカーがついています。全ての内容は投稿の前にスペルチェックされなければなりません。