LlGetUnixTime/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: integer llGetUnixTime( );

システム時計での 1970 年 1 月 1 日 00:00 UTC からの経過秒数を integer で返します。

サンプル

// リセット記録
integer BOOT_TIME;
default
{
    state_entry()
    {
        BOOT_TIME = llGetUnixTime(); 
        llSetTimerEvent(0.1);
    }
 
    timer()
    {
        llSetText((string)(llGetUnixTime() - BOOT_TIME) + " Seconds since boot.\n\n ", <1,0,0>, 1.0);
        llSetTimerEvent(1);
    }
}

便利なスニペット

ヘルパー関数

関連項目

関数

•  llGetTimestamp 人間が読める UTC 日付と時刻
•  llGetDate 人間が読める UTC 日付
•  llGetTime スクリプト経過時間

特記事項

Search JIRA for related Issues

テスト

•  llGetUnixTime 一致試験

Signature

function integer llGetUnixTime();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。