LlSetBuoyancy/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llSetBuoyancy( float buoyancy );

タスクかオブジェクトの浮力を設定します。 物理属性 が有効になっている必要があります。

• float buoyancy

(buoyancy == 0.0) 無効です
(buoyancy < 1.0) 沈下します
(buoyancy == 1.0) 浮きます
(buoyancy > 1.0) 上昇します

警告

  • でプリムを漂流させることができます。
  • 他の特質と違い、これは浮力を設定したスクリプトがプリムから取り除かれると解除されます。
  • この関数はオブジェクトを浮かばせつづけるのに エネルギー を消耗します。巨大なオブジェクトになると、オブジェクトを浮かばせておくのに十分なエネルギーを供給できないかもしれません。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

ゆっくりオブジェクトを上昇させます (例えば、赤い風船のように)
default
{
    state_entry()
    {
        llSetStatus(STATUS_PHYSICS, TRUE);
        llSetBuoyancy(1.05);
    }
}

注意点

オブジェクトが重力の影響を受けていないかのように見せるのによく使われます。

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llSetBuoyancy( float buoyancy );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。