LlEdgeOfWorld/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: integer llEdgeOfWorld( vector pos, vector dir );

pos から伸ばした dir がぶつかる境界線が、 (隣り合わせの SIM が存在しない) 世界の端であるか確認します。
真偽値を integer で返します。

• vector pos
• vector dir

警告

  • ゼロの方向ベクトル (ZERO_VECTOR) は常に TRUE を返します。
  • pos は地域の中にないといけません。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

//--// 隣合わせの SIM があるか知らせます //--//
 
default{
  touch_start( integer vIntTouched ){
    vector vPosObject = llGetPos();
    if (!llEdgeOfWorld( vPosObject, <0.0, 1.0, 0.0> )){
      llOwnerSay( "北に SIM があります" );
    }
    if (!llEdgeOfWorld( vPosObject, <1.0, 0.0, 0.0> )){
      llOwnerSay( "東に SIM があります" );
    }
    if (!llEdgeOfWorld( vPosObject, <0.0, -1.0, 0.0> )){
      llOwnerSay( "南に SIM があります" );
    }
    if (!llEdgeOfWorld( vPosObject, <-1.0, 0.0, 0.0> )){
      llOwnerSay( "西に SIM があります" );
    }
  }
}

関連項目

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function integer llEdgeOfWorld( vector pos, vector dir );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。