Difference between revisions of "LlRotLookAt/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m (Undo revision 850242 by Mako Nozaki (Talk))
 
Line 1: Line 1:
{{LSL Function/damping/ja|damping}}{{LSL_Function/ja
+
{{Issues/SVC-1903}}{{LSL Function/damping/ja|damping}}{{LSL Function/strength/ja|strength}}{{LSL_Function/ja
 
|func_id=127|func_sleep=0.0|func_energy=10.0
 
|func_id=127|func_sleep=0.0|func_energy=10.0
 
|func=llRotLookAt
 
|func=llRotLookAt
Line 5: Line 5:
 
|p2_type=float|p2_name=strength
 
|p2_type=float|p2_name=strength
 
|p3_type=float|p3_name=damping
 
|p3_type=float|p3_name=damping
|func_footnote={{LSLG/ja|llMoveToTarget}}を使っている同じ方式で位置を変更します。物理オブジェクトでは0.2と1の間が両パラメータで良好です。
+
|func_footnote=同じように位置を変えるには、 {{LSLG/ja|llMoveToTarget}} を使います。物理オブジェクトでは、 0.2 から 1 までの間の範囲が、両方の引数で適切です。
|func_desc='''target'''に向かってオブジェクトの前方の軸を向けるように指定する要因です。
+
|func_desc=オブジェクトの前方軸が '''target''' を指すようにします。
  
{{LSLG/ja|llStopLookAt}}で停止されるまで、'''target'''を向き続けます。
+
{{LSLG/ja|llStopLookAt}} で停止させられるまで、 '''target''' を向き続けます。
 
|return_text
 
|return_text
 
|spec
 
|spec
Line 27: Line 27:
 
|cat1=Physics
 
|cat1=Physics
 
|cat2=Target
 
|cat2=Target
|cat3
+
|cat3=Rotation
 
|cat4
 
|cat4
 
}}
 
}}

Latest revision as of 17:45, 8 May 2010

要約

関数: llRotLookAt( rotation target, float strength, float damping );

オブジェクトの前方軸が target を指すようにします。

llStopLookAt で停止させられるまで、 target を向き続けます。

• rotation target
• float strength
• float damping 臨界減衰までにかける秒数

同じように位置を変えるには、 llMoveToTarget を使います。物理オブジェクトでは、 0.2 から 1 までの間の範囲が、両方の引数で適切です。

サンプル

関連項目

特記事項

All Issues

~ Search JIRA for related Issues
   llRotLookAt & llLookAt do not update the object's bounding box

Signature

function void llRotLookAt( rotation target, float strength, float damping );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。