LlGetVel/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: vector llGetVel( );

オブジェクトの速度を vector で返します。

通知される速度は グローバル座標フレーム を基準としています (オブジェクトの回転はこの関数の出力に影響がありません) 。

サンプル

///物理オブジェクトをその場にとどめるシンプルな (しかしそんなに効果的ではない) 方法です。
//どうしてもオブジェクトを本当に止めたければ、llMoveToTarget(llGetPos(), .1) を使いましょう。
 
default
{
    state_entry()
    {
        vector spd;
        {
            @loop;
            if (llVecMag(spd = llGetVel()) > .001)
            { //加速しています...
                llApplyImpulse(-spd, 0) //減速します
            }
        jump loop;
        }
    }
}//Written by Xaviar Czervik

注意点

ローカルフレーム (オブジェクトの指す方向) を基準とした速度を取得するには、この関数の出力を回転で割ります。 <lsl>vector local_vel = llGetVel() / llGetRot()</lsl>

関連項目

関数

•  llGetAccel
•  llGetOmega
•  llGetForce オブジェクトの力を取得します
•  llGetTorque
•  llGetMass

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function vector llGetVel();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。